Read Article

パーマを失敗した経験がある方へ☆

パーマ
~昔、失敗したパーマがトラウマになって、 ここ最近パーマを敬遠していた方へ~

パーマをかけて、こんな後悔ありませんか?

自分で見ても、老けた感じがしたり、
家に帰ってから、やりずらかったり、
結局傷んだだけで、収拾がつかなかったり、
周りからの微妙なリアクション。
などなど。

きっと、パーマをかけた方の2人に1人くらいは、こんな経験あったのではないでしょうか?中にはパーマを5年前にかけてそれっきりって方もたくさんいるでしょう。何でもそうですが、失敗するともう二度とやらないやりたくない。当然です☆そこで是非提案したい、成功するパーマが「ワンカールパーマ」です。そしてここからが本題。成功のカギは、

1.髪の毛全体の毛先のみに、きっちりワンカールだけかける。

2.ダメージが残っている間はかけません。(丸山理論)この状態のままでかけるから失敗します。ダメージが怖いのは当たり前のことですが、何よりもクルッとプルッとかかりません。トリートメントを事前にしていてもです。

3.以前のカットが残ったままではかけません。(丸山理論)実のところ、パーマはカットが重要です。ベースメイクが大切なのと同じです。以前の残りのままかけても、失敗してしまいます。一度として、上手くかかったことはありません。最低限でもイイので、ワンカールの長さ分はカットすることをオススメします。

これらを全て網羅すると「乾かしただけでキマる」「傷まない」この2つが手に入ります。これが最低限の条件です。これを守れば失敗はしません。全て解決します☆

事実、カットで傷ませなければパーマをかけても傷みません。無傷の皮膚にオキシドールはシミませんが、傷口があれば、痛いのと同じよう なモノです。

でもCHIC大宮東口店が狙っているのは 『最低限、失敗はしない。』ではなく、『大成功』デス☆

director丸山

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top