Read Article

失敗しないパーマ☆パーマ懸念の方へ

パーマへの想い☆失敗しないパーマ

骨折美容師のパーマへの想いをつぶやきます!

 

ロングのパーマはやっぱり、まだまだイヤがる方、多いですネ。きっと以前に失敗してるのでしょう。成功していればパーマをかけたくなると思います。成功したモノを嫌がる人などいないでしょう。

かけたくない理由は主に「老ける」「傷む」「膨らむ」3つくらいでしょうか?つまりは、

「老ける」「傷む」「膨らむ」=似合わない

「老ける」と「似合わない」は同じような意味合いでしょうか。でも、この2つをクリアする方法があります。

1.目の位置から上にはかけないこと。(誰にでも当てはまることです。)
目の位置から上にかかっていても似合う方は等身バランス・顔の大きさ・髪質ともに「良質な条件」が、揃っている方です。

2.毛先を「クルッ」と縦巻きにしないこと。(美容師側のセンスの問題です。)

そして「シルエット計算」では、ショボすぎずボリューミーになりすぎず。でも、少しでもイイから、ある程度の「ボリューム感」がないとオンナっぽくはなりません。結局のところイイ髪形には「メリハリ」は必要ということになりますネ。そこの計算は、その人が立っている時の「頭からつま先まで」のカラダの「メリハリ」具合に対して、合わせていくのデス。 (マニアックな視点で。)

髪形は「カラダの一部」であり、全体のシルエットの一部でもあります。

髪形を作る時は決して、「首から上」だけ、という見方はしません。

全体バランス、全身で見ること、これが髪型を造る上で、かなり大切ですネ!

director 丸山

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top