Read Article

[さいたま市大宮]現役美容師が教える雨の日のスタイリング〜女性編〜

雨の日などで湿度の高い日は、髪がまとまりにくくなる傾向にあります。湿度が高いと髪が広がりやすくなり、特にクセ毛の人は全体的にコンパクトにまとめるのが難しくなります。

そんな雨の日のスタイリングをキープするには、ちょっとしたコツがあるのです!

雨の日はワックスなどで髪をコーティングするとまとまりやすい

個人の髪質によっても多少異なりますが、湿気が多い日にまとまりにくい髪質といえばやはりクセ毛の人です

クセ毛の人にとって雨の日のスタイリングはまさに鬼門、スタイリングでキレイにまとめるのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

そこで解決策となるのが髪をコーティングして髪に湿気が侵入するのを防ぎ、スタイリングをすることです。

髪のコーディングとはヘアワックスやムースをつけることです

ワックスなどをつけることで、髪にコーティングを作り外気の湿気を遮断することでスタイリングがしやすくなります。

湿気を遮断するのが目的であるため、水分の多いムースよりもワックスの方が雨の日のスタイリングには適しているといえます。

また洗い流さないタイプのトリートメントを付けるのも有効です。

髪をまとめるためのワックスは髪の根元にはつけず、毛先につけるようにするのがコツです。毛先につけることで、髪の毛先に重みが加わって広がりを抑えることが出来ます。

雨の日の強い味方、ヘアアイロン

湿度の高い日には、髪に熱を当ててスタイリングをするヘアアイロンが大活躍します。

ヘアアイロンは熱の力で髪をスタイリングするためドライヤー以上に湿気の多くまとまりにくい日のスタイリングには有効です。

髪は熱に弱いということから、ヘアアイロンを毎日使うのは髪のダメージになるという意見もありますが、湿気が多くて髪がまとまらない時にはヘアアイロンを使うのがとても有効です。

湿度の高い日のスタイリングでヘアアイロンを使う場合は、温度設定をやや高めにした方が効果的です。

しかし髪は熱に弱いのは間違いないので、高温で使うのは湿度の高い日のみにしておきましょう。

ヘアピンやアクセサリーなどをつけるなども効果的

うっとうしく感じたら、「ゴムよりピン」でまとめる

雨の日の髪は普段以上にうっとうしく感じるもの。ついゴムで結わえてしまいたくなるものですが、ゴムで縛るとどうしてもくせが出やすくなります。ダウンスタイルを基本に過ごしたい日は、ゴムは使わないくらいのつもりでいる方が得策。どうしてもうっとうしい時は両サイドの髪をゆるめにまとめるハーフアップで。

あとはピンを活用しましょう。くせ毛の部分をひっぱってピンで止めておくと、リセットも効きやすくなります。

10月は運動会や結婚式などが多い時期ですよね!!

ご参考ください!!

Return Top