Read Article

[さいたま市大宮]明日、寒いそうですよ!寒暖差に注意!!

9月から10月頃の季節の変わり目になると昼と夜、昨日と今日1日で寒暖差が大きくなります。

その寒暖差が10℃になることも時々あります。

寒暖差で体調を崩している人も少なくありません。

風邪気味でマスクをしている人や子どもが風邪をひかないようにと思っている人など。

10℃以上ある寒暖差で多くの人が心配してるのは、体調への不安。

ではいったいなぜ、極端な寒暖の差は、私たちの体を不調にするのでしょうか?

寒暖の差が体調をこわすのはなぜ?

テレビでこのような実験が行われていました。

気温29℃の部屋の中にいた時と、そのあと10℃低い気温19℃の部屋へ移動したときの指先の血流がどのように変化するかを毛細血管の映像を見ながら検証していました。

29℃の部屋では勢い良く流れていた血液も19℃になると流れがあっという間に遅くなっているのです。

身体に不調をもたらす原因がこの血液の流れの変化です。

10℃以上の気温差がある場合、体温を一定に保つために自律神経が過度に働くようになるので、それによって疲労を感じてめまいやふらつき、不眠症など、自律神経の不調をきたす可能性があります。

さらに寒暖差による血流の変化は、深刻な病気にもつながってしまいます。ヒートショックもその一つです。

血管が収縮すると血液が濃縮されて濃くなり、血栓ができやすくなります。朝晩の気温差はもちろん、「昨日は暖かかったのに今日は寒い!」など、数日の間の寒暖差は意外と身体にこたえるもの。秋は1年のうちでもとくに寒暖差が大きい季節。寒暖差を感じたとき、私たちの身体ではどんなことが起きているのでしょうか?

寒暖差を感じたとき、身体は?

寒暖差が激しいとき、身体は交感神経の働きが優位な「戦闘モード」になってフル稼働に。寒ければ熱を作り出し、暑くなれば汗をかき……と、めまぐるしい温度の変化に対応しています。そのため、普段以上のエネルギーを使うことになり、疲れがたまっていくのです。

また、交感神経が優位な状態が続くと、血めぐりが悪くなり、冷えや肩こりなど身体に不調として生じてきます

寒暖差によって起きる不調とは

交感神経が優位な状態が続くと、次のような不調が生じやすくなります。

●寒暖差に対応するために多くのエネルギーを使うので、疲れやすい、だるい。

●免疫力が下がり、風邪をひきやすくなる。

●胃腸の働きが落ち、便秘や下痢に。

●肩や腰などがこったり、痛くなったりする。

●身体が冷える。

●寝つきが悪くなる。

寒暖差による不調を解消する5つのポイント

寒暖差による不調を改善するにはまず、気温のアップダウンを感じにくくするのがポイント。目もとを温めたり、炭酸入浴をしたりして自律神経の働きを整えるのも有効です。

1:着脱しやすい衣類を常備

厚手のものを身につけると、暑くても脱ぐことができず、汗がこもってかえって身体が冷えることも。かんたんに着脱できる薄手のシャツやカーディガンなどを重ね着すれば、暑さや寒さにこまめに対応できます。外出先ではストールなどを活用しましょう。

2:肌に直接貼るタイプの温熱シートを常備

寒いと感じたらすぐに身体を温められるよう、ポーチなどに温熱シートを入れていつも携帯するのもよい方法です。とくに蒸気を含んだ温熱を発するものは、熱が身体にじんわりと浸透し、身体の芯からぽかぽかに。

3:目もとを温めてリラックス

蒸しタオルや蒸気が出るタイプのホットアイマスクなどで目もとを温めると、副交感神経が優位な状態に切り替わって全身がリラックスモードに。副交感神経が正常に働くようになれば血管が広がるため、身体が温まる、こりや痛みが和らぐなどの効果も期待できます。

4:炭酸入浴で自律神経トレーニング

副交感神経の働きを優位にするには、38~40度程度のぬるめのお湯につかるのがおすすめ。
炭酸ガス入りの入浴剤を使うとぬるめのお湯でも身体の芯まで温まり、身体がリラックスモードに。また、10~20分程度の炭酸入浴を4週間続けると、自律神経の働きがよくなることもわかっています。

5:首もとを温めて快眠

首もとは、短時間で温かさを感じることができる「ホットポイント」。このホットポイントには副交感神経が優位な状態に切り替えて、リラックスできるスイッチがひそんでいます。

おやすみ前に温熱シートなどで首もとを温めると、副交感神経が優位になり、身体はリラックスモードに。また、血めぐりがよくなって、温まってからしばらくたつと手足の先からほどよく放熱し、眠りに入りやすくなります。

明日から冷えますので、

気をつけましょう!!

Return Top