Read Article

パーマするならカットが大事

パーマ用のカット☆

埼玉 大宮 骨折美容師の丸山です☆

CHIC大宮東口店のパーマの考え方はカットにカギがあります。
「肌荒れした状態ではメイクはキレイに出来ない。その前に肌荒れを直すのが先決である。」
ゆえにパーマのかけ方やパーマ液の前に大切なのはカットなのです。「パーマをかけなくてもカットだけで髪形が成立しており、その上にパーマをかける。」という考え方デス。逆に言うとパーマがとれても形になるというコトを目指しています。
後々のことを考えた時、最終的には「保ちの良いスタイル」に繋がると言うことです !そのため基本的には「パーマ用のカット」という考えは‐ CHIC大宮東口店 ‐にはナイということになります。むしろ「パーマ用のカットとはどんなだろう?」という捉え方をしております☆


【通例の考え方】

『髪形がキマらないからパーマをかければ形になりそう。』つまり今の現状がマイナスの状態なので、パーマでなんとか解決できるだろうという「補い型」の考えです。カットベースがマイナスのままかけてもマイナスに拍車をかけるだけです。実際「補い型」のパーマをかけて失敗して来たのではないでしょうか?
【‐ CHIC大宮東口店‐では?】

カットベースを整理しカットだけで髪形をキメ、その上にパーマでプラスにするという「more型」の考えです。
【パーマプランの進行】

1.スキバサミ履歴をCheck

2.どこまで切ればパーマが可能か?を提示

3.カットでもキマる髪形にし、次回来店日を提示

4.デジタルパーマか通常パーマか?を提示

パーマ前提のカットのみの御来店も大歓迎です!

是非一度お試し下さい。

御来店お待ちしております!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top