Read Article

[さいたま市大宮][実録]現役美容師によるデジタルパーマ乾かし方!

長さ別!乾かす時の注意点!

髪の毛の長さが変わってくると、それぞれ乾かす時の注意点も変わってきますので気をつけましょう!

ロング

ロングは乾かし残しのないように注意!濡れたままの髪の毛はダメージの原因になり、特にロングの毛先はとてもデリケート、、。ダメージは絶対させたくないですよね。乾いたと思っていても髪の毛の内側が乾いてなかったりすることが多くあります!ということで、ロングを効率よく内側までしっかりと乾かすには、一番最初に根元をこすりながらしっかりと乾かすことが重要!!特に襟足や耳周りをチェックしながら乾かしていきましょう!

ミディアム

ミディアムなど髪の毛が短くなってくると、毛先の乾かしすぎに注意!

しっかりと根元→中間→毛先の順に乾かすことを意識して、効率よく乾かしましょう。また、ちょうど肩の高さに髪の毛の毛先が当たる方は、はねに注意が必要です。ワンカールスタイルの方は特にはねが目立ちやすいので、しっかりと毛先を内巻きに納めるように手つきを意識しましょう。

ボブ

ボブはパーマのドライの中でも特に簡単に乾かせるスタイルです。

根元を中心に乾かした後に毛先を軽くねじりながらふんわりと持ち上げ、形づけると自然にワンカールの内巻きになってくれます。しかし、右と左のどちらかが跳ねやすいというお悩みをお持ちの方が多いかと思います。そういった方はまず、「ハネやすい方を先に内側にねじって乾かす」ようにしましょう。このハネやすさは髪の毛の生える向き(つむじの渦の巻き方)の影響があるからです。つまり、ハネやすい方を後回しにしてしまうとクセづけする前に少し乾いてしまい後々内巻きに しづらくなってしまうんですね。ちなみに最初の根元の乾かしで生えグセを馴染ませるのも大切なのでお忘れなく!

長持ちさせるには?夜と朝の乾かし方の違いとは?

先ほどご紹介した基本の乾かし方をもとにシーン別の乾かし方のポイントとデジタルパーマを長持ちさせるためのポイントをご紹介いたします!

長持ちのための注意点

・髪の毛を洗った後はすぐに乾かす

デジタルパーマを長持ちさせるにはまず、髪の毛を痛ませないようにすることが一番!髪の毛は濡れている時一番傷みやすいので、洗った後はすぐに乾かしましょう!

・髪の毛の扱いを優しくする

髪の毛を洗う時や髪をとかす時に力一杯こすったり、引っ張ったりするのは髪の毛を摩擦で痛めたり、カールの持ちを悪くする原因になります。急に髪質が悪くなるわけではないので、意識しづらいですが毎日の積み重ねは数ヶ月後の髪の毛に大きく影響します!ですので、普段から優しく髪の毛を扱うように注意しましょう!

そして

丸山からお客様へのお願いとご提案です。

『12月は必ずサロンへ来てください!!!』

コレです。

12月は1年の締めくくりとして髪を綺麗に整え、新たな気持ちで新年を迎える。

2018年の幕開けは綺麗なヘアスタイルとともに…!!!

『12月は可能な限り多くのお客様にお会いしたい』と願っております。

ですので、お休みの告知も早めにさせていただきます。

平日は、リハビリの為ネット予約がXになっているところもありますが、お問い合わせ頂けるとご案内出来る事もありますので、ぜひこちらを活用ください。

12/31~1/3はサロン休業となります。)

今月は2017年の総決算として多くのお客様にお越しいただきたいと願っております。

ご予約空き状況のお知らせです。

今月は26 の火曜日も出勤してます!

火曜日のご予約が是非オススメです!

極力スムーズにご希望の予約をお取りできるように丸山もスケジュールを致しますが、なるべくお早めのご予約をよろしくお願いいたします!

髪のお悩みご相談 ご予約などなど、なんでもお問い合わせはこちらから☆

追々寒さに向かいますが、風邪など引かないよう、温かくしてお過ごしください。

Return Top