Read Article

[さいたま市大宮]ドライヤーの真実!?

さいたま市 大宮 美容師 丸山です!

何気に使っているドライヤー。実はドライヤーの熱はかなりの乾燥toダメージを招きます。痛む原因は、単にドライヤーではなく、ドライヤーの風でもなく、「 ドライヤーの熱 」 です。365日・365回分その熱で蓄積されたダメージは大きいものです。正しくドライヤーをかけ傷まない方法があります。

【point】

1.風力強めであること。

( ドライの時間が短い方が、熱の当たり時間が短くより傷まないため。)

2.風が熱くなったら 「 COLD 」 にこまめに切り替え 「 ぬるい状態 」 を保つ。

3.乾き終わったら 「 COLD 」 にし、まんべんなく髪を 「 冷やす 」。

髪が熱いままだと熱がこもり、まさにこれこそがダメージの原因です!

【注意☆】

1.利き手で乾かした時にが得意な箇所、何気に多く乾かしてしまっている箇所は、より乾燥を招き片側だけ極端に傷んでしまう方もいました。

2.特に、後ろ表面の毛先は大抵の場合、一番傷んでいます。これは、鏡を見ながら乾かすことで腕関節の自由が利かず、同じ箇所を何回も乾かしてしまっているためです。

髪以外のモノは何でも 「 熱いと膨張 」 し 「 冷たいと収縮 」 します。髪もその原理です。だから 「 広がり 」 も押さえ、且つ、「 指通りもなめらか 」 になるんです。キューティクルが膨張すると髪はザラつき、収縮するとツヤが出る!しかし、これは単にいた傷ませない乾かし方なだけであり、スタイリングや髪型・髪の動きを引き出すためのベーシックに過ぎません。

それは、ただ鏡を見ずに下向きになってもらい、後ろから前に乾かしてもらうことです。

一つ注意点は、この乾かし方をしてもらうにはのカットが必要となります。他美容師さんカットではこの方法は何ももたらすことはないでしょう。ザックリ言うとCHICでは頭の丸みを生かしてカットしているために、この方法が成立するということです☆

カットのみの御来店も大歓迎です!

是非一度お試し下さい。

御来店お待ちしております!

Return Top