Read Article

パーマが似合う人って

ヒロシ80%です!

冒頭からいきなりですが CHIC大宮東口店のスタイリストはパーマをかけるのが好きなんです。ホントに。自らもパーマをかけてますが、ラクだし、何より雰囲気に柔らかさが出る。

毎朝の手入れだって、流さないトリートメントを付けて、普通の「水スプレー」で潰れた寝グセを濡らすだけ。

ホントに自分で言うのも何ですが、イイ感じでゴザイマス。

それでは本題です。パーマが似合うには、やっぱりいくつかの理由があります。似合う条件は5つ。

[1] クセ毛であること。

[2] 硬すぎない髪であること。

[3] ネコッ毛。

[4] 乾燥毛もOKデス。

[5] かかりにくい、とれやすくても、柔らかければok。

これらは全部「髪質の条件」なんです。「顔質」は関係ありません。顔の感じではないんですよ!似合う似合わないは顔の感じではなくて「髪質」なんです。結構、顔のせいだと思っている方、多くありませんか?

パーマは髪に何らかの「クセ」を付ける作業。「クセ毛」に「クセ付け」は同じモノ同士なので、かかりも良ければ持ちも良い。「直毛にクセ」付けは、まさに真逆のコト。結局、髪という名の素材を無視してしまうと、似合わなくなるんです☆

御来店お待ちしております!

Return Top